総量規制対象外のおまとめローンについて

総量規制とは、借り入れ利用者つまり債務者を多重債務などのトラブルから守るために設定されているルールで、消費者金融や信販会社、貸金業者からの借り入れは、その総額が収入の3分の1を利用限度額と定められており、それを超えてはいけないとされています。これは、貸金業法によって定められているルールなので、貸金業法が適用される金融会社からの借り入れは、カードローンでもキャッシングでも、すべての借金の合計が収入の3分の1以下でなければいけません。このルールは、新規の融資でも、すでに借りている分をおまとめローンとしてまとめる場合にも適用されることになります。

ただし、金融機関の中でも銀行は、貸金業法が適用されませんから、総量規制対象外ということになります。つまり、複数の借入を銀行のおまとめローンでまとめる場合には、返済能力があると判断されて借入申込審査に通れば、収入の3分の1を超える金額をまとめることもできるのです。

おまとめローンは、銀行からも消費者金融からもラインナップされています。しかし、総量規制対象となるのは消費者金融からの借入のみで、借入先が銀行の場合は銀行法が適用されますのでカウントされません。この違いを上手に利用すると、たとえ借り入れ総額が50万円を超えていても一つにまとめることができます。複数の消費者金融から少額の借入をしている場合には、それらを一つにまとめて銀行のおまとめローンとして借り換えることによって、総量規制対象外になりますし、銀行のローンは金利面でも消費者金融よりも低いことが多いので、低金利で借りることが可能です。金利が低くなれば返済で支払う利息も少なくなるので、毎月の返済金額が抑えられ楽になって生活に余裕が出てくることも期待できそうですね。もちろん、採取的な返済総額も低くなる可能性がありますね。

一方、銀行からの少額の借入を、他の消費者金融からの借入とまとめて消費者金融へおまとめローンの申し込みをする場合には、注意が必要です。それは、銀行からの借入には総量規制は適用されていませんが、消費者金融のおまとめローンを利用することによって、その分は総量規制の対象になります。借入総額によっては、まとめたくても総量規制に引っ掛かって審査に通らない可能性もありますから注意しましょう。

総量規制対象外になるローンは他にもあります。ビジネス向けのローン商品です。個人向けのローン商品では総量規制対象となる消費者金融からの借入でも、ビジネス向けになると対象外となるので、収入に関係なく返済能力があると認められれば借りることができます。ただし、ビジネスローンは個人向けの借入よりも審査が厳しくなることは理解しておいた方が良いでしょう。

コメントを残す

このページの先頭へ