おまとめローン審査通らない理由

おまとめローンの審査通らない理由はいくつかあります。このローンは新規の借入ではなく、すでに他社から借りているものを一つにまとめるというタイプの借り入れ商品ですが、誰でも無条件でまとめられるというわけではなく、申し込みをすると審査が行われます。

おまとめローン審査が通らない場合、まずは総量規制に引っかかっている可能性が考えられます。総量規制とは借り入れの総額が収入の3分の1を超えてはいけないと決められているルールで、銀行からの借入は対象外となりますが、借入先が消費者金融や信販系の場合は合計額が収入の3分の1を利用限度額としてそれを超えない金額でしか融資を受けることができません。そのため、銀行のカードローンやキャッシングなどの借入を消費者金融で一つにまとめる場合などには、この総量規制に引っ掛かってしまって審査落ちする可能性があります。

返済能力がないとみられた場合にも、審査落ちしてしまいます。審査基準は金融機関によって異なりますが、銀行の方が消費者金融よりも厳しいため、これまで消費者金融の複数社から借りていた分を銀行の低金利なおまとめローンにしたいと思っても、審査に通らない可能性はもちろんあります。銀行の審査は独自の審査基準が設定されていて、正社員で働いていたり、大企業で働いていたり、また持ち家などの資産を持っていたりすると、審査に通りやすくなるようです。一方パートやアルバイト、派遣などで働いていたり、収入がまったくない主婦だったり、収入に見合わない借入額を抱えていたりすると、返済能力が厳しいと判断されて、審査落ちすることもあります。審査落ちの不安がある人は、銀行よりも消費者金融の方が審査に通りやすいのでおすすめです。

申込み内容に虚偽の内容が記入されていた場合にも、審査落ちすることがあります。申込用紙に記入する内容は、うっかりミスも含めて出来るだけ間違いがないように記入しなければいけないので、申込む際には申込書を何回か見直しをして、記入した内容に間違いがないことをきちんと確認しましょう。特におまとめローンでは他社からの借入状況を記入しなければいけませんが、借入件数やどこからいくら借りているのかを正確に記入することが、好感度アップのコツとなります。適当に「このぐらいだったかな」ではなく、できるだけ詳細に細かく記入することによって、責任感がある人だから返済も責任を持って遂行してくれるはずだと判断してもらえます。質問には正直に答えたほうが、わからないふりをしたり嘘をついたりするよりも、ずっと審査に通りやすいのです。

コメントを残す

このページの先頭へ