消費者金融のおまとめローンの特徴

銀行よりも審査基準が緩い業者が多い消費者金融は、銀行の審査に通らなかった人でも融資を受けるチャンスがあるところが魅力です。借入件数が複数ある多重債務を借り換えで一本化することで返済をスッキリできて、毎月の返済額を減らすことが可能なおまとめローンも、銀行よりも消費者金融は審査条件が緩くなっています。消費者金融のおまとめローンを利用する際には、その特徴やメリット、デメリットをよく知っておくと、賢く利用できます。

まず、消費者金融のおまとめローンは、審査条件が緩いだけでなくかかる時間も短いので、最短で即日融資を受けることができます。今すぐに複数社の借入債務を一つにまとめたいという場合には便利ですね。申し込む時間帯によっては、融資完了が翌営業日になってしまう事はありますが、即日融資可能な商品を早い時間帯に申し込めば、その日のうちに融資してもらうことができます。

また、申込み方がバラエティに富んでいることも、消費者金融の特徴です。店頭窓口に足を運ぶ方法以外にも、ネットのWEBを使って申し込めますし、最近ではスマホから申し込むこともできます。こうした申込み方の場合、審査結果もメールで通知してくれますし、必要な書類をメールで添付すれば、一度も店頭に足を運ばなくても融資を受け取ることができます。誰にも知られずにコッソリ借入れたい場合などには最適です。

ただし、気をつけておきたいことがあります。消費者金融の融資は銀行と比べると一般的に金利は少し高めになっているので、できるだけ返済負担を軽くして低金利で借りたいという人にとっては、あまりお勧めではないかもしれません。金利が少し高いと言っても、金利法で規制されている範囲内なので合法な範囲ですが、融資条件が緩いことと審査の時間が短いなどの便利な点が多いため、こうした不便な点もあるようです。

また、消費者金融からの借り入れは、総量規制の対象となるため、おまとめローンによる借入総額が50万円を超えると収入証明が必要となるだけでなく、収入の3分の1を超えない範囲でしか借りることができません。銀行からの借入の場合には総量規制対象外となりますから、返済能力があると見なされれば収入の3分の1以上でも借りることは可能です。しかし消費者金融の場合にはそれができないので、あらかじめ理解しておかなければいけません。申し込みの際に自分でチェックしておきましょう。うっかり申込んでしまった場合、総量規制に引っ掛かると審査落ちになってしまいます。

コメントを残す

このページの先頭へ