カードローンをおまとめする際の注意点

今すぐにお金が必要になったという時に便利なカードローンですが、即日融資可能な商品でも申し込む時間帯や曜日によっては、希望する金額を借りられず、少額の限度額になってしまう事が少なくありません。人によっては、複数の金融機関から少額のカードローンを作り、何とか必要な現金を作り出すこともあるのでしょうが、複数の借入れを同時に抱えていることは、不便な点がたくさんあるものです。そのため、こうした少額の借入をスッキリ一つにまとめるおまとめローンを利用することによって、毎月の返済日や支払日を1回だけにまとめられて、低金利で借り直すことができるので毎月の返済額負担が抑えられ生活に余裕が出たり、利用手数料も抑えられるので返済総額も減ることも期待できます。

複数の借り入れ先があるこのカードローンをおまとめする際には、いくつか注意しておきたい点があります。まず金利を必ずチェックしてから申し込むようにしましょう。カードローンは使用目的が制限されていない借入なので、一般的には金利は他の金融商品よりも高めに設定されていることが多いものです。しかし、中にはお得な低金利で借りられるものもあるので、必ずしもおまとめローンにすることで金利が全て低くなるというわけではないのです。現在の借入先よりも高い金利で借り直すことは賢い選択にはなりませんから、申込む前にはどこからいくら借りていて、それぞれ金利はどうなっているのかという点もしっかりチェックしておきたいものです。

また、借入金額にも注意しましょう。銀行から借りる場合も消費者金融を利用する場合でも、50万円以下の少額借り入れの場合には源泉徴収票や納税証明書などの収入証明は不要になることが多いものです。しかし、おまとめローンを利用して少額のカードローンを一つにまとめる際に、その融資額の総額が50万円を超える場合には、返済能力の確認のために収入証明の提出が必要となります。提出できないと審査が進められませんから、あらかじめ自分で総額を計算し、50万円を超える場合には、申込みの際に収入証明もサッと提出できるように準備しておくと良いでしょう。

また、銀行のカードローンを消費者金融でおまとめする際には、総量規制対象になることも念頭に入れておかなければいけません。銀行からの借入は総量規制対象外ですが、消費者金融の場合には対象となるため、収入の3分の1を利用限度額として借入総額がそれを超えない範囲でしか借りることができません。すでに借りているカードローンでも、申し込みの際には新たに審査が行われますし、総量規制に引っ掛かると審査落ちするので注意しましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ