おまとめ・借り換えローンの選び方

複数の金融機関から借り入れをしていると、毎月それぞれにやってくる返済日や返済期間、月額返済金額を覚えているだけでも大変ですし、うっかり忘れてしまうと職場などに督促の電話がかかってきたりするので、トラブルの原因になってしまう可能性もあります。また、返済日がやってくるたびに仕事を抜け出して返済に行かなければいけないのは、とても面倒です。複数の借入をスッキリ一つに一本化することができるおまとめ・借り換えローンなら、返済日を一つにまとめることで毎月の支払いがやりやすくなるだけでなく、低金利の商品を選べば、現在の借入先よりも低い金利で借り直すことができますから、利息負担が軽くなり毎月の返済額もそして返済総額も小さくすることができます。

おまとめ・借り換えを選ぶ際には、まずは自分が現在、どこからどのぐらいの金利でいくらを借りているのかなどの借入状況を把握することから始めましょう。おまとめ・借り換えローンのメリットは、まとめることによって返済が楽になるというだけでなく、金利面でも低く抑えることによって毎月の返済額を小さくすることにあります。現在の借入債務に適用されている金利よりもおまとめ・借り換えローンの金利が高くなってしまうと支払額も高くなり、まとめる意味がなくなってしまうので、金利はあらかじめチェックしておかなければいけません。

もしも、まとめようと思っている借り入れの中で、おまとめ・借り換えローンの金利よりも低く借りているものがある場合には、それは省いて残りの件数の借入のみをまとめるという方法がおすすめです。もしくは、現在借り入れている複数社の中の最低金利よりもさらに低い借り入れ商品・ローン商品を探せば、すべての借入をスッキリ一本化することができます。

借入総額も注意しなければいけません。金融機関から借りる場合、借入金額が50万円を超えない場合には、多くの場合に収入証明の提出は不要となっています。しかし、おまとめ・借り換えで複数の借入をまとめると、その総額が50万円を超えてしまう事があり、その場合には申し込み者の収入証明の提出が必要となるので、申し込みの際にはあらかじめ準備しておくと良いでしょう。必要な書類が提出できないと審査がスムーズに進められないので、融資の受け取りまでに時間がかかってしまう事になります。

また、銀行からの借入を消費者金融でおまとめ・借り換えする場合には、総量規制対象外の借入から総量規制適用の借入になることは理解しておいた方が良いでしょう。借り入れの総額が年収の3分の1を超えてしまうと、審査落ちしてしまうので注意してくださいね。

コメントを残す

このページの先頭へ